BTA加工とは

BTA(ビーテーエー)とは、Boring & Trepanning Association の略(ボーリング・トレパン加工)で、金属加工での重要な行程である深穴の切削加工のことです。
1942年にDr.Beisnerが発明した深穴加工の機械は、それまでとはまったくと言っていいほど違う深穴加工の機械で、高速で美しく深穴を開ける事ができ、その後各国でこの方式が発展、規格化が統一され、これをBTA方式と呼ぶようになりました。
当初、大砲の砲身の穴をあけるために開発されたものでしたが、現在ではあらゆる産業機械の加工に利用されています。
小径の穴加工に向くガンドリル加工に対し、BTA加工は中・大径穴に向いています。ガンドリル加工と同じく、高性能な穴を深く開けることができ、また良好な仕上げ面が得られるのが特徴です。

BTA方式による穴開け加工は、ポンプから高圧で、加工物に接した圧力頭(オイルプレッシャーヘッド)に切削油を送り、あけられた穴とボーリングバーの隙間から刃先へと達したオイルは、切屑と一緒にボーリングバーへと流れます。切屑と一緒に流れたオイルは、切粉受とマグネットフィルターを通過しタンクへ戻ります。その為、切屑はあけられた穴の内面に触れず、穴の内面を傷つけることなく非常に美しい穴を開けることが可能となります。

BTA加工の特徴

  • 深穴加工を高能率で行うことができる
  • 高精度の穴が得られる
  • 良好な仕上げ面が得られる
  • 中 、大径穴に向いている(φ10~φ200)

BTAについて[対象]

穴径(mm)
φ24 – φ75
最大外径 x 材料長さ
φ300 x 1300(1500) mmまで

BTA Q&A

Q1. BTA加工とガンドリル加工の違いは?
刃物が違います。
加工した後の切屑がどこを取って排出されるのかによって変わる為、BTA加工には専用の機械が必要となります。また、加工穴については、基本的には、小径ガンドリル、大径BTAで加工される場合が多いといえます。加工精度については、ほぼ違いがありません。

Q2. 加工できる材質は?
構造用鋼、ステンレス鋼、プリハードン鋼、軸受鋼(ベア鋼)、工具鋼(炭素・合金・高速度工具鋼等)、耐蝕・耐熱合金などが対象材用となります。
また、協力工場ネットワークにより、チタン系、アルミニウム系、銅系、樹脂系なども可能です。

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

シェアする

フォローする