第10回切削加工ドリームコンテスト2014 

切削加工を通して、技術の向上を目指す「切削加工ドリームコンテスト」
2004年にスタートして以来、順調に回を重ねています。
この第10回コンテスト(2014)で出品した当社作品をご紹介します。

当社出品作品

■ 9ホール(Φ1.0✕80L 貫通)

まずはNC複合旋盤で、ガンドリルマシンの装置部品を作り変えて組み込みました。
それと同時に、マシニングセンタにてワーク固定時に反りを出さず、また切削熱を吸収できるような治具を考え製作し、最後にガンドリルの刃先状態(研磨角、逃げ量)を調節するなどして、一つづつ問題を解決して完成させました。

■ 微細リブ加工

リブの厚みはすべて1.5mm、太枠部分は0.5mm幅、中間の細い部分は0.24mmで設定。平面削りを除き、掘り込みはすべてΦ0.5mmのエンドミドル1本で加工を行いました。加工の後半では切削液の重みでもたわみが発生するため、加工の前半、中盤、後半で加工条件などを変えたりと、職人要素の強い加工が要求されました。また、エアタービンスピンドルを独自に搭載することで、主軸の回転速度を最大で約70,000minまで高めることが可能となり、高性能な工作機械と比較しても遜色のない加工が実現できました。

■ 匠

穴間ピッチが2.2mmで、使用したドリルがΦ1.8mm、肉厚が0.4mmしかないため、加工条件や熱拡散を意識したワークランプ方法と、穴の加工順が大きなポイントとなりました。さらに熱拡散を意識した治具をマシニングセンタ(DURA VERTICAL 5080)にて製作し、最後にガンドリルの刃先の研磨状態を変えたりするなどして、細心の注意を払い加工を行いました。

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

シェアする

フォローする