メディア掲載 | 大阪の元気!ものづくり企業

大阪の元気!ものづくり企業

独自技術での深穴加工など機械部品の一貫生産が強み

業務内容:機械加工が中心だが、部品加工力の評価で顧客が拡大
建設機械部品や工作機械部品など機械加工をメインにしている。ただ、最近は得意先の業種も幅が広がり、半導体、鉄道、医療、航空機、自動車など多種多様になっている。中でもガンドリルマシンやBTA深穴加工機を中心に複合旋盤、マシニングセンターなどを用いた独自技術を有する。ガンドリルや深穴加工機は自社開発で手がけている。あらゆるニーズに対応できる多品種小ロットのきめ細かい生産体制で現在、納入先は約720社を超える実績があり、部品加工の技術は大手企業などから社外加工ができる”協力工場”として評価を受けている。

強み:工作機械を独自仕様、内径のきれいな仕上がりに自信
幅広い業界をカバーしているため、それぞれの分野で培ったものづくりの技術が生きるフレキシブルな対応が可能。そのうえで部品加工は完成品までの一貫生産を実現する。装置を自社で設計・開発しているため、複雑なプログラムに迅速に対応し、機械加工できる。そのために工作機械もカスタマイズしている。装置メーカーからの受注が多いことでも、加工に関する技術の応用範囲が広いことが分かる。加工の特徴は内径の仕上げ。穴の形状を整える工具、リーマを使った時と同等のきれいな穴の表面状態は大きなセールスポイントになっている。

品質管理:データベース(DB)による材料管理で最適加工する
ガンドリルは穴開け加工でも設備負担が大きいために、中小企業で扱う企業は少ない。部品は自動車メーカーの塗装ラインや医療機器、食品機械、半導体および液晶業界でも幅広く使われている。このため、手がける機械部品に対する納入先からの品質面での要求レベルは高い。それに応えるために約800種類の材料について、平成19年からDBで管理して、最適な材料を選択して加工できるようにしている。されに加工実績のDBも残して納期短縮につなげている。穴開け加工の納期は最速で翌日の仕上げを実現する。

今後の展望:今後は人材育成に本腰
社員全員が独自の技術を有しており、それぞれが培ってきた技術を持ち寄って社の歴史を積み重ねてきた。業績が堅調に推移していることも踏まえ、将来を見据えた人材育成に本腰を入れる。今後は新入社員の採用を検討しており、ものづくりの技能伝承、開発力の強化に磨きをかける。一方で構築してきたDBは、より簡素化して、お客さまが相互閲覧できるようなシステムに改良して利便性を高める考えだ。

当社の歴史

私どもは旋盤、フライス加工を中心として昭和44年に創業致しました。その後、昭和46年から深穴加工分野に参入し、新規設備の導入や既存設備の改修を繰り返しながら各種金属・非鉄金属だけにとどまらず、樹脂加工など、さまざまな加工を手がけています。高品質・短納期をモットーにして、加工技術・加工品質を向上させて、社会貢献につながることを目指しています。
あらゆるニーズに対応した一貫生産と柔軟な対応が強みであり、最大の特徴です。

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

シェアする

フォローする