A5083ロングシャフト(ガンドリル加工なし!残念)

2015.06.03 Wednesday 07:31

ガンドリル加工の不二新製作所

おはようございます!
今日は朝から生憎の雨。
気持ちはなぜか晴れ晴れ。(最近、ご機嫌です)
今日も一日頑張っていきましょう~ではまた!!
ではなく・・・

今日もマジメにブログの更新です♪

最近、弊社の複合旋盤リーダーのYT先生なのですが、
加工の腕が神がかってきました。
まずは写真をご覧ください。

A5083という材料をご存じでしょうか?
A5052、A5056などは良く使われる方も多いと思いますが
A5083という丸棒材料があるのです。
弊社ではA5083の板形状へのガンドリル加工を依頼される
ことがありますので加工実績はあるのですが、
それほど経験値が多いわけではありません。

ちなみに、A5083は非熱処理型のアルミ合金である
1000系、3000系、4000系、5000系の中では
最高の強度を持つ材料なのです。

その材料に対して外径旋盤加工、ネジ切、割り、タップ等が
複数あるのですが、写真を見て頂くとわかるように
長さが640mmもあるにも関わらず、外径がものすごく細い!!

外径公差が±0.1あるので、何とかすると言ってくれたYT先生。
戦場へ旅立つ戦士のよう・・・行ってらっしゃいm(_ _)m

それよりも、材料が長いため装置との干渉が発生して、
後工程のマシニング加工が相当大変なことが発覚!
インデックスが使えない・・・
「ん~」と悩んでいると、「全部複合旋盤でやりますよ」と
YT先生から御言葉が。「できるんですか?」と確認したら、
「もともと、そのつもりでした」とさらっと回答が。

\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?
えぇ!マジですか?やってくれるの?やっちゃうの?
じゃあ、お願いします♪

でも、そもそもあんな細くて、長いやつできるのか?
強度もないんだけど・・・それどころか実は、、、
研磨も長すぎてできないって断られたんだけど。。。
どれぐらいの時間が過ぎたでしょうか。
「できましたよ」とYT先生から御言葉が。
もう、現場は騒然。
「すげぇ!」「納品するの勿体ない!(それはあかんやろ)」

写真も撮ったけど、長すぎて私の腕ではフォーカスが合わん!
とまあ、どんどん限界領域を拡げていくYT先生。
いつかYT仙人になったら、また報告します。

今日も長くなっちゃいましたが、
次回もアルミ系材料で複雑なやつがもう1点ありますので
それを更新する予定ですw それではまた!

ガンドリル加工、複合旋盤、マシニング、
BTA加工のことなら大阪の不二新製作所へ

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

シェアする

フォローする