A5056シャフト(ガンドリル、旋盤、マシニング、メッキ等)

2015.06.08 Monday 07:28

ガンドリルの不二新製作所

今日はA5056(アルミ)のシャフト画像をアップします。
まずは写真をどうぞ。

金属系の光沢があり、輝いて見えるのは最終工程で
無電解ニッケルメッキ処理を行っているからです♪

いつもの様に、材料の端面を旋盤で引きます。
そして長手方向にφ10の貫通穴を4ヶ所ガンドリル加工。
終わったら、もう1度旋盤加工へ戻しますが、
M3タップが8ヶ所と反対側にM20のタップが4ヶ所、
それぞれ両端に加工を行うのですが、通常は両端の位相を
合わせるには外径にケガキ線が必要となります。

旋盤をもう1工程(仕上げ)増やすか悩みましたが、
φ10のガンドリル加工した穴をマシニングに取り付いている
機内センサーで位置を確認して加工することにしましたw
※いや~センサーってほんと便利ですね。

加工自体はそれほど難しいものでもないのですが、
ネジ部のムシレが出ると嫌なので、M20をタップではなく
ヘリカルで加工して、ゲージ確認して無事終了。

後は協力会社の無電解ニッケルメッキ処理で完了です。
無電解ニッケルを一番得意としているだけあって、
仕上りは抜群です♪検査後、無事出荷できました。

次回はアルミ系の特急対応加工品(ガンドリルのみ)の
ワークを掲載する予定です。

ガンドリル加工、複合旋盤、
マシニング、BTA加工のことなら大阪の不二新製作所へ

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

シェアする

フォローする