細穴加工とは

「細穴加工」とは、極小径の穴を加工する技術をいいます。一般的に、穴径に対して切削する加工の長さが5倍を超える穴のことを「細穴」や「細穴」といい、この細穴の加工を良好な仕上げ面で仕上げるには、特殊な機械と技術が必要となります。

不二新製作所では、このような細穴加工に対応できるガンドリルマシンやBTAマシンを複数台設置、熟練の技術により、穴径に対して10倍以上の細穴を実現します。

精密な細穴加工を実現するため、加工機・研磨機等に加え、周辺装置(CNC複合旋盤、マシニングセンター、専用工具研磨機等)の積極的な更新をおこない、最新デジタル計測器を導入しています。
これにより細穴加工の精度と正確性を高め、生産効率もアップ。細穴加工を、より高品質・短納期で提供する仕組みを確立しています。

徹底した工程の効率化と高度化を図ることで、国内だけでなく、世界中から寄せられる様々な細穴加工のニーズにお応えしています。

ガンドリルについて[対象]

穴径(mm)
φ0.8 – φ30
最大外径 x 材料長さ
φ340 x 1000(1200) mmまで

BTAについて[対象]

穴径(mm)
φ24 – φ75
最大外径 x 材料長さ
φ300 x 1300(1500) mmまで

協力工場ネットワークにより様々な加工に柔軟に対応しています。
他社で「できない」と断られた難しい細穴加工でも、不二新製作所までご連絡ご相談ください!

不二新製作所は、細穴加工で世界一をめざしています!

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

シェアする

フォローする