金属素材コラム 【アルミニウム】

「アルミニウム」は、軽く柔らかい性質の金属です。
そのため、加工性に優れています。
耐食性も高く腐食しにくく、アルマイト(注1)により更に耐食性がアップします。
熱伝導率が高く、磁気の影響を受けません。
比較的価格が安価で入手しやすい金属です。

アルミニウムの純度が高いと強度に不安があるため、マンガンや銅、ケイ素、亜鉛、マグネシウム、ニッケルなどを配合し、用途に合わせた合金の比率によって種類が分けられています。
その種類はアルミニウムの頭文字「A」と4桁の数字で分類表示されます。

【 AXXXX 】

アルミニウム合金 1000番系

純度が99パーセント以上の純アルミニウム。

導電性・熱伝導性・耐食性に優れているが、強度が低い。
合金番号の下2桁は純度を表している。

◯使用用途:台所用品など
◯代表的合金番号
A1100:純度99.0%以上
A1070:純度99.7%以上
A1050:純度99.50%

アルミニウム合金 2000番系

銅を加えた合金。
強度がアップする反面、銅の酸化性質から耐食性がやや劣る。

◯使用用途:バイク、自動車、航空機など
◯代表的合金番号
A2017:「ジュラルミン」強度が高い。熱により強度が下がるので溶接には不向き。
A2024:「超ジュラルミン」A2017より強度が高く、加工性に優れている。

アルミニウム合金 3000番系

マンガンを加えた合金。
耐食性を保ちながら強度がアップ。

◯使用用途:アルミ缶など
◯代表的合金番号:A3003

アルミニウム合金 4000番系

シリコンを加えた合金。
熱に強く、耐摩耗性が付加される。

◯使用用途:データ記録用メディアなど
◯代表的合金番号:A4032

アルミニウム合金 5000番系

マグネシウムを加えた合金。
強度・耐食性がアップし、加工性も良い。

◯使用用途:バイク用パーツ、カメラ用部品、配管など
◯代表的合金番号
A5052:加工がしやすい。適度な強度、耐食性・溶接性がある。
A5056:アルマイト処理がしやすい。
A5083:強度・耐食性に優れており、溶接にも適している。

アルミニウム合金 6000番系

シリコン、マグネシウムを加えた合金。
5000番系より強度・耐食性が優れている。

◯使用用途:建造物、日用品など
◯代表的合金番号
A6063:複雑な形状の加工が可能。耐食性に優れている。

アルミニウム合金 7000番系

亜鉛とマグネシウムを加えた合金。
熱処理硬化で強度が非常に強い。

◯使用用途:建造物、バイク用パーツ、自動車用パーツ、航空機用部品など
◯代表的合金番号
A7075:「超々ジュラルミン」最高の強度。耐食性に劣るので加工が必要。高コスト。
A7nN01:耐腐食性に優れ、溶接に適している。溶接部分もそれ以外と同じ強度を保つ。

(注1)アルマイト
アルミニウムは一般的には腐食性が高いと言われていますが、合金比率や使用条件によっては、耐久性をアップする表面処理加工をすることがあります。
その加工の一般的な方法を「アルマイト」といいます。

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

シェアする

フォローする

;