ガンドリル加工とBTA加工の違い

不二新製作所は、金属加工の「ガンドリル加工」と「BTA加工」で世界一を目指しています。
徹底した工程の効率化と高度化を図り、国内だけでなく、世界中から寄せられる様々な金属加工の深穴加工・細穴加工のニーズにお応えしています。

ガンドリル加工とは

「ガンドリル」とは、深穴加工や細穴加工を専門としたドリルの名称です。ガンドリルの文字通り、元来、小銃や猟銃など穴をあけるために開発されたことから名付けられています。

※当社ガンドリル加工の可能な範囲

穴径(mm)
φ0.5 – φ30
最大外径 x 材料長さ
φ340 x 1000(1200) mmまで

ガンドリルマシンの構造

①ワーク回転、ガンドリル刃回転式
②ワーク固定、ガンドリル刃回転式

①と②を比べた時、①がワークとガンドリル刃が逆回転し、真直性に優れています。

BTA加工との違い

ガンドリルマシンは、ガンドリルのドリルを経由し、切削油(不二新製作所では、ガンドリルの切削油に「非塩素系切削油剤」を使用しております。)をガンドリル刃の先端から噴出させています。これにより切り屑が中で滞在することなく、シャンクの溝から飛び出させます。BTA加工の場合も構造上は似通る部分もありますが、この切り屑の排出面積が、BTA加工に比べ、ガンドリル加工の方が小さいので効率面が異なります。ガンドリル加工は、主に細穴加工に使われることが多いです。

「ガンドリル加工」詳しくはこちら>>
「ガンドリル加工」加工実績はこちら>>

BTA加工とは

「BTA加工」とは、Boring & Trepanning Association の略(ボーリング・トレパン加工)で、金属加工での重要な行程である深穴加工です。

※当社BTA加工の可能な範囲

穴径(mm)
φ24 – φ75
最大外径 x 材料長さ
φ300 x 1300(1500) mmまで

BTAマシンの構造

①BTA刃回転、ワーク固定
②ワーク回転、BTA刃回転式
③ワーク回転式、BTA刃回転式
(ワークと刃物が互いに逆回転して加工する方法で①②と比べ真直性が優れている)

ガンドリル加工との違い

BTAマシンの切削油(不二新製作所では、BTAの切削油に「非塩素系切削油剤」を使用しております。)は、ガンドリルマシンとは反対方向です。BTA刃物の先端からドリルを経由して切り屑を排出します。ガンドリル加工の場合も構造上は似通る部分もありますが、この切り屑の排出面積が、ガンドリル加工に比べ、BTA加工の方が大きいので効率面が異なります。BTA加工は、主に深穴加工に使われることが多いです。

「BTA加工」詳しくはこちら>>
「BTA加工」加工実績はこちら>>

お電話でのお問い合わせは

06-6794-5880

スマートフォンをお使いの方は、電話番号をタップして直接おかけください。

各種書類のFAX送信

06-6794-5881

メールでのお問い合わせ・お見積もり・発注のご連絡は

fujishin.gun@gmail.com

上記アドレスをクリックしていただくと、ご利用のメールソフトが立ち上がります。

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

;