BTA加工とは

BTA加工」とは、Boring & Trepanning Association の略(ボーリング・トレパン加工)で、金属加工での重要な行程である深穴加工のことです。
1942年にDr.Beisnerが発明した深穴加工の機械は、それまでとはまったくと言っていいほど違う深穴加工の機械で、高速で美しく深穴を開ける事ができ、その後各国でこの方式が発展、規格化が統一され、これをBTA方式と呼ぶようになりました。
当初、大砲の砲身の穴をあけるために開発されたものでしたが、現在ではあらゆる産業機械の加工に利用されています。
小径の穴加工に向くガンドリル加工に対し、BTA加工は中・大径穴に向いています。ガンドリル加工と同じく、高性能な深穴を開けることができ、また良好な仕上げ面が得られるのが特徴です。

BTA方式」による深穴加工は、ポンプから高圧で、加工物に接した圧力頭(オイルプレッシャーヘッド)に切削油を送り、あけられた穴とボーリングバーの隙間から刃先へと達したオイルは、切屑と一緒にボーリングバーへと流れます。切屑と一緒に流れたオイルは、切粉受とマグネットフィルターを通過しタンクへ戻ります。その為、切屑はあけられた深穴の内面に触れず、深穴の内面を傷つけることなく非常に美しい深穴を開けることが可能となります。

BTA加工の特徴

  • 深穴加工を高能率で行うことができる
  • 高精度の深穴が得られる
  • 良好な仕上げ面が得られる
  • 中、大径の深穴に向いている(φ10~φ200)

BTA加工は不二新製作所におまかせください!

BTA加工対象

当社が得意とする、BTA加工(細穴加工・精密加工)の加工対象です。
特殊形状物への加工、ガンドリル加工や偏芯穴等、下記以外にも、自社加工や協力工場ネットワークによってさまざま加工に対応致しております。

深穴径(mm)
φ24 – φ75
最大外径 x 材料長さ
φ300 x 1300(1500) mmまで

BTA加工Q&A一覧

BTA加工Q&A

Q1. BTA加工とガンドリル加工の違いは?
刃物が違います。
加工した後の切屑がどこを通って排出されるのかによって変わる為、BTA加工には専用の加工機が必要となります。また、加工穴については、基本的には、小径のガンドリル加工、大径のBTAで分類される場合が多いといえます。加工精度については、BTA加工とガンドリル加工には、ほぼ違いがありません。

Q2. BTA加工で加工できる材質は?
構造用鋼、ステンレス鋼、プリハードン鋼、軸受鋼(ベア鋼)、工具鋼(炭素・合金・高速度工具鋼等)、耐蝕・耐熱合金などがBTA加工の対象材用となります。
また、協力工場ネットワークにより、チタン系、アルミニウム系、銅系、樹脂系などもBTA加工が可能です。

Q3. BTA加工の止め穴とはどんなことですか?
「止め穴」とは貫通するのではなく、途中で止まっている穴のことを言います。
「止め穴」には、肩止めと先端止めがあり、ご指示いただいた寸法を忠実に加工いたします。

Q4. BTA加工のできるサイズを教えて下さい。
弊社のBTA加工の深穴径はφ24からφ75、加工対象材料の最大外径はφ300まで、 長さは1300mmまでとなっています。

Q5. BTA加工の加工方式について教えてください。
BTA加工は、ワークが固定で加工チップヘッドが回転する「ヘッド回転方式BTA加工」と、加工チップが固定で、ワークが回転する「ワーク回転方式BTA加工」があります。

Q6. 切削油はどのようなものを使用?
不二新製作所では、ガンドリル加工時の切削油に「非塩素系切削油剤」を使用しております。

精度の高い深穴加工を実現する当社のガンドリルマシン・BTAマシン

ガンドリルマシン・BTA周辺設備はこちら >>

BTA加工で世界一を目指しています!

私たち株式会社 不二新製作所が得意とするのは、ガンドリルマシン・BTAマシンによる細穴・深穴加工です。弊社ではガンドリルマシン・BTAマシン・CNC複合旋盤を複数台設置、徹底した工程の効率化と高度化を図り、国内だけでなく、世界中から寄せられる様々なニーズにお応えしております。
また人材育成、ならびにガンドリル・BTA周辺装置(CNC複合旋盤、マシニングセンター、専用工具研磨機等)の更新を積極的に行い、社内生産効率を大幅にアップ。これにより、材料手配から仕上げまでの一貫生産を、より高品質・短納期で提供できる仕組みを確立しました。

不二新製作所 BTA加工 深穴加工の実績

加工:BTA加工 深穴加工

材質:SUS304
施工:BTA加工 & ホーニング & 複合旋盤加工
材質はSUS304で、旋盤にてL1加工後に、BTAマシンにて深穴加工、さらに内径をホーニング。
その後、複合旋盤にて、内外径加工後に側面にリング溝、外径ねじを仕上げ、最後にY軸により側面にフライスカットを入れています。材料が入ってから、すべての工程を3日で終了というタイトな納期確保に苦労しました。
BTA加工の詳細はこちら >>

加工:BTA加工 深穴加工

材質:ステンレス
施工:BTA加工、特殊ロール加工
ランジ部が溶接構造を取っておらず、完全丸棒からの削りだしとなります。見た目以上に肉厚も薄いので、歪み等にも注意が必要となります。
BTA加工による深穴加工後に内径を特殊なバイトで旋盤加工して、残りをマシニング加工。協力会社との連携も当社のつよみです。
BTA加工 詳細はこちら >>


加工:BTA加工 深穴加工

材質:SCM440調質(HRC36~40程度)
施工:BTA加工、旋盤
BTA加工による深穴加工後⇒内径ホーニング加工⇒旋盤加工⇒円筒研磨⇒ハードクロムメッキとそれほど複雑ではありませんが、このシリンダーのケースも製作しました。この程度のBTA加工は弊社では日常的な加工のひとつです。そのため、あまりアピールするほどではないかもしれません。ガンドリル加工、複合旋盤、マシニング、BTA加工のことなら大阪の不二新製作所へ
BTA加工 詳細はこちら >>

加工:BTA加工 深穴加工

材質:SKD61(HRC48~52程度)
施工:BTA加工、旋盤、焼入、研磨等
材料 ⇒ BTA加工(下穴)⇒ 旋盤荒加工(L1)⇒ 真空焼入れ ⇒ 旋盤研磨前仕上げ(L2) ⇒ M加工(放電加工)⇒ 外径、内径研磨 ⇒ 硬質クロムメッキ という工程でした。
作業工程で色々と苦労があり、時間とコストがかかり大変な品物でしたが、先日のシリンダーとのネジ部の合わせも完璧で良い感じに仕上がりました。
BTA加工 詳細はこちら >>


お電話でのお問い合わせは

06-6794-5880

スマートフォンをお使いの方は、電話番号をタップして直接おかけください。

各種書類のFAX送信

06-6794-5881

メールでのお問い合わせ・お見積もり・発注のご連絡は

fujishin.gun@gmail.com

上記アドレスをクリックしていただくと、ご利用のメールソフトが立ち上がります。

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

シェアする

フォローする

;