ガンドリル加工とは

ガンドリル」とは、深穴加工や細穴加工を専門としたドリルの名称です。
ガンドリルの文字通り、元来、小銃や猟銃など穴をあけるために開発されたことから名付けられてます。

深穴を通常のドリルで実現しようとすると、内部に切屑が詰まって製品を傷つけてしまいます。

ガンドリル」はドリルの先端からポンプで高圧の切削油を噴射し回転を行うことで、深穴加工や細穴加工時に出る切屑を回転するシャンクの外側のV溝をとおして外部に吹き飛ばします。ガンドリルは速度と送りの調整が重要なポイントで、高精度な前加工と切削条件の調整などがポイントになります。

ガンドリルの特徴

  • ガンドリルの直進性が優れている
  • CNCによる、高精度の深穴加工が実現できる
  • 優れた面仕上げが実現できる
  • 深穴加工も細穴加工もワンステップで実現できる
  • 工具の再研削が容易にできる
  • 高硬度材、ステンレス鋼、耐熱鋼などの難削材への深穴加工・細穴加工が実現できる
  • 小径穴な細穴加工(φ3~φ30)に向いている
  • 傾斜穴および交差穴が実現できる

 

ガンドリル加工は不二新製作所におまかせください!

 

ガンドリル加工対象

当社が得意とする、ガンドリル(深穴加工・細穴加工・精密加工)の加工対象です。
角材(板材)や特殊形状物への加工、PCD(深穴加工)やBATA加工等、下記以外にも、協力工場ネットワークによってさまざま加工に対応致しております。

穴径(mm)
φ0.5 – φ30
最大外径 x 材料長さ
φ340 x 1000(1200) mmまで

ガンドリル加工Q&A一覧

ガンドリルQ&A

Q1. ツイストドリルとは?
穴あけに用いる一般的なドリル。棒状で、先端は円錐状になり、ねじれ溝との交線が切れ刃となります。

Q2. ガンドリルとは?
深穴加工を専門としたドリルの名称で、従来の深穴加工方法では困難な深穴をステップフィードすることなく、精度良く加工することができるドリルです。

Q3. ツイストドリルとガンドリルのちがいとは?
ツイストドリルは、ステップフィードが必要ですが、ガンドリルはステップフィードなしで深穴加工ができるため、能率的な深穴加工・細穴加工ができます。

Q4. ガンドリルの形状はどのようなもの?
「超硬刃部」「シャンク」「ドライバ」で構成されています。
「シャンク」と「超硬刃部」はV字形の断面で、加工・切削時に刃部先端から切削油が噴射され、V字の溝から排出されるためにフィードバックなしで深穴加工ができるようになっています。

Q5. ガンドリル加工の可能な深さは?
穴径(mm)φ0.5 ~φ30、最大外径 x 材料長さφ340 x 1000(1200) mmまで可能です。

Q6. ガンドリル加工の穴の曲がりはどのくらい?
弊社のガンドリルマシンは直進性が優れており、高精度の深穴加工が実現できます。
直進度は、150mmの長さで0.01mm以下、心ずれ精度は、150mmの長さで0.2mm以下
が可能です(加工条件によって変動あり)。

Q7. ガンドリル加工ができる材質は?
高硬度材、ステンレス鋼、耐熱鋼など、ガンドリル加工が難しいと言われる材料も幅広く加工が可能です。お気軽にお問い合わせください。

Q8. ガンドリルの再研磨は可能?
可能です。ガンドリルの寿命が延びるので、是非お求めの企業さまはご連絡くださいませ。

Q9. 切削油はどのようなものを使用?
不二新製作所では、環境への影響ならびに作業者への健康に留意して、ガンドリル加工時の切削油に「非塩素系切削油剤」を使用しております。

高精度の深穴加工を実現する当社のガンドリルマシン・BTAマシン

ガンドリルマシン・BTA周辺設備はこちら >>

ガンドリル加工で世界一を目指しています!

私たち株式会社 不二新製作所が得意とするのは、ガンドリルマシン・BTAマシンによる細穴加工・深穴加工です。弊社ではガンドリルマシン・BTAマシン・CNC複合旋盤を複数台設置、徹底した工程の効率化と高度化を図り、国内だけでなく、世界中から寄せられる様々なニーズにお応えしております。
また人材育成、ならびにガンドリル・BTA周辺装置(CNC複合旋盤、マシニングセンター、専用工具研磨機等)の更新を積極的に行い、社内生産効率を大幅にアップ。これにより、材料手配から仕上げまでの一貫生産を、より高品質・短納期で提供できる仕組みを確立しました。

不二新製作所 BTA 深穴加工 実績

材質:C1100(タフピッチ銅)
加工:ガンドリル加工止まり穴
最近分かってきたのですが、同業者でも銅の加工を嫌がるところが多いみたいですね。我々からしたら、できるのに嫌など信じられない回答です。
銅材料の加工の場合、切削油との反応により加工後に表面が変色してしまうのが難点です。気にされる方には、様々な方法で磨いたりもさせて頂きます。ガンドリル加工、複合旋盤、マシニング、BTA加工のことなら不二新製作所へ
ガンドリル加工 詳細はこちら >>

材質:A5056(アルミ)
加工:ガンドリル加工 貫通穴
旋盤をもう1工程(仕上げ)増やすか悩みましたが、φ10のガンドリル加工した穴をマシニングに付いている機内センサーで位置を確認して加工することにしました。後は協力会社の無電解ニッケルメッキ処理で完了です。無電解ニッケルを一番得意としているだけあって、仕上りは抜群です♪検査後、無事出荷できました。ガンドリル加工、複合旋盤、マシニング、BTA加工のことなら不二新製作所へ
ガンドリル加工 詳細はこちら >>


材質:A5052 50x60x100 のブロック
加工:φ1.7にて100㎜片側貫通 ガンドリル加工
凄いと思えるガンドリルのサンプルを作ってしまいました。曲りを0.05以内で抑える方法を思いつきましたので、それを今回のサンプル加工にも適用します。休みも利用しながら、約2.5日かけてようやくできました。肉眼では曲りもほとんど出ていません。もちろん、穴の膨らみや破れもございません。しかしながら、疲労感がいっぱいです。結構思っていた以上に綺麗にできたので、次の機会には穴径をφ1.0mmで挑戦したいと思います。ガンドリル加工、複合旋盤、マシニング、BTA加工のことなら不二新製作所へ
ガンドリル加工 詳細はこちら >>

材質:SUJ2(ベアリング鋼)φ12x150L
加工:φ5.2貫通ガンドリル加工
加工としては、まあ普通ですが、数量は510本!!最近「ガンドリル加工は単品(1本)でもやってもらえますか?」と問い合わせがきます。1本からでも、もちろん高品質、短納期で対応させて頂きます。
弊社には、基本翌営業日(土曜、日曜、祝日は除きます)渡しでの特急対応というものがございます。基本的には何とかします!量産での実績では、1,500個/月程度までなら実績がございます。単品~量産まで、どんなことでも是非一度御問合せくださいね。
ガンドリル加工 詳細はこちら >>


お電話でのお問い合わせは

06-6794-5880

スマートフォンをお使いの方は、電話番号をタップして直接おかけください。

各種書類のFAX送信

06-6794-5881

メールでのお問い合わせ・お見積もり・発注のご連絡は

fujishin.gun@gmail.com

上記アドレスをクリックしていただくと、ご利用のメールソフトが立ち上がります。

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

;