BTAマシンとは

BTA(Boring&Trepannig Association)マシンとは、当初大砲の砲身を開ける深穴加工のために作られましたが、現在ではさまざまな産業機械の加工に利用されている特殊な機械です。高性能な深穴を高速で開けることができ、良好な仕上げ面が得られるのが特徴です。

BTAマシン

当社のBTA加工は、構造用鋼、ステンレス鋼、プリハードン鋼、軸受鋼(ベア鋼)、工具鋼(炭素・合金・高速度工具鋼等)、耐蝕・耐熱合金などが加工対象となります。
また、不二新製作所の独自協力工場ネットワークにより、チタン系、アルミニウム系、銅系、樹脂系などの難しい加工もBTAマシンで対応しております。

多品種・少量生産だけでなく、量産まで対応できるように、CNC複合旋盤、マシニングセンター、専用工具研磨機等も利用し、コンピュータによって自動化、弊社独自の最新設備とデータベースを用いた独自加工技術による高品質・短納期を最も強みとしており、社内生産効率を大幅にアップしております。
今後もBTAマシン、ガンドリルマシンによる深穴加工、細穴加工技術の品質向上を目指し続けます!

BTAマシンの特徴

BTAマシンの深穴加工(穴径に対して加工の総長が5倍以上の深穴)は、硬いヘッドとねじれに強いパイプを使用します。
その為、小径の深穴にも、大径の深穴にも対応することが出来る点がBTA加工の最大の特徴です。
これはガンドリル加工にも共通する特徴ですが、切削ヘッドの先端から切屑を回転するシャンクの外側のV溝をとおして外部に吹き飛ばすことにより美しい仕上がりになります。

BTAマシンが出来る事

  • BTAマシンにねじれの強いパイプを使用している
  • 小径のみならず大経の深穴加工にも対応できる
  • 優れた面仕上げが実現できる
  • 工具の再研削が容易にできる
  • 高硬度材、ステンレス鋼、耐熱鋼などの難削材への深穴加工・細穴加工が実現できる
  • 厚肉・薄肉パイプのみならず、ホーニング加工の下穴あけにも適している

お電話でのお問い合わせは

06-6794-5880

スマートフォンをお使いの方は、電話番号をタップして直接おかけください。

各種書類のFAX送信

06-6794-5881

メールでのお問い合わせ・お見積もり・発注のご連絡は

fujishin.gun@gmail.com

上記アドレスをクリックしていただくと、ご利用のメールソフトが立ち上がります。

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

;