ガンドリル加工とは

ガンドリル」とは、深穴加工を専門としたドリルの名称です。
その文字通り、ガンドリルは元来、小銃や猟銃などの穴をあけるために開発されたことから名付けられています。深穴を通常のドリルで実現しようとすると、内部に切屑が詰まって製品を傷つけてしまいます。

ガンドリル」はドリルの先端からポンプで高圧の切削油を噴射し回転を行うことで、切屑を回転するシャンクの外側のV溝をとおして外部に吹き飛ばします。ガンドリルは速度と送りの調整が重要なポイントで、高精度な前加工と切削条件の調整などがポイントになります。

ガンドリルの特徴

  • 直進性が優れている
  • 高精度の深穴が実現できる
  • 優れた面仕上げが実現できる
  • 深穴がワンステップで実現できる
  • 工具の再研削が容易にできる
  • 高硬度材、ステンレス鋼、耐熱鋼などの難削材への深穴が実現できる
  • 小径穴(φ3~φ30)に向いている
  • 傾斜穴および交差穴が実現できる

ガンドリルについて[対象]

当社が得意とする、ガンドリル(深穴・細穴・精密)の加工対象です。
角材(板材)や特殊形状物への加工、PCD(深穴)や偏芯穴等、下記以外にも、協力工場ネットワークによってさまざま加工に対応致しております。

穴径(mm)
φ0.8 – φ30
最大外径 x 材料長さ
φ340 x 1000(1200) mmまで

ガンドリルQ&A

Q1. ガンドリルとは?
従来の加工では難しい深穴をステップフィードせずに、高精度で加工することができるドリルです。

Q2. ツイストドリルとの違いは?
ツイストドリルでの深穴加工では、ステップフィードが必要です。
ガンドリルはステップフィードなしで、高能率な穴あけ加工が可能です。

Q3. ガンドリルのの形状はどのようなもの?
ガンドリルは、【超硬刃部】【シャンク】【ドライバ】で構成されています。
シャンク、超硬刃部は、V字形の断面で、シャンクは中空になっています。
切削時に内部を切削油が流れ、刃部先端から切削油が噴射され、切くずが、刃部やシャンクのV字溝から排出されます。その為、ステップフィードなしに深穴加工ができます。

Q4. 加工できる材質は?
S45CやSCM材をはじめ、SUS材やアルミ材まで非常に多くの材料の加工が可能です。条件によっては、チタン合金などの難削材の加工も可能です。

Q5. ガンドリルの加工可能な深さは?
おおむね、穴径の50~100倍程度まで可能です。

Q6. 穴の曲がりはどのくらい?
ガンドリルは直進性が優れており、高精度の深穴が実現できます。
直進度は、150mmの長さで0.01mm以下、心ずれ精度は、150mmの長さで0.2mm以下
が可能です(加工条件によって変動あり)。

Q7. 穴の面粗度はどのくらい?
ガンドリルの超硬刃部にはガイドパッドがあり、穴の内面に押付けられることによって
バニシ効果が発生します。よって、Ra3.2~0.2μmの優れた面粗さが可能です。

Q9. ガンドリルの再研磨は可能?
再研磨は可能です。

Q10. 切削油はどのようなものを使用?
非塩素系油性切削油の使用が適切です。

精度の高い深穴加工を実現する当社のガンドリルマシン・BTAマシン

ガンドリルマシン・BTA周辺設備はこちら >>

加工サンプル

noimg

ガンドリル加工・BTA加工サンプルの一例です。保守契約の関係上、プレート材(板材)や特殊形状物へのガンドリル・BTA加工などはお見せできないものが多数あります。

設備紹介

noimg

当社で扱っている、ガンドリル加工・BTA加工のための機械設備をご紹介します。協力会社とのネットワークにより、図面一枚であらゆる加工に対応しております。

会社概要

noimg

深穴加工を中心として各種金属・非鉄金属だけにとどまらず樹脂加工などあらゆる加工を手がけて、社会への貢献につながってゆくことを目指しております。

シェアする

フォローする